世界最大の春の公園でチューリップ畑を


二月も後半となり春の陽気が感じられるようになりました。

春のヨーロッパ旅行にオランダのチューリップ畑は欠かせないでしょう。

世界的に有名なこのチューリップの開花を見るには4月がベストです。

 

 

このチューリップを見ることができるのは、世界最大のフラワーパーク「キューケンホフ公園」です。ここキューケンホフ公園では毎年チューリップ、ヒヤシンス、スイセン、蘭、バラ、カーネーション、アイリス、ユリなど多数の種類の700万以上の球根花が植えられます。この公園は花が咲く春のみの開園となり今年は321日から519日となります。

さらに2019年はキューケンホフ公園の開園70周年と記念すべき年でもあります。

 

 

またこの企画展には毎年違うテーマが用いられます。今年のテーマは「Flower Power(フラワーパワー)」です。花が持つ色や香りのパワーを感じられることでしょう。

 

 

移動手段としては、公園はアムステルダムとデン・ハーグの間、リッセにあり、鉄道は近くに通っていませんので、車かバスとなります。

 

 

ぜひ開園70周年の今年、オランダの世界一美しい春の公園を訪れてみてはいかかでしょうか?









オランダエクスプレス
オランダエクスプレス

  • オランダ
  • アムステルダム
  • キューケンホフ公園
  • チューリップ