オランダの伝統的なヨット・スクッチェとは?


 「スクッチェ」とはオランダ・フリースランド州の伝統的な船で、スネークという町では一年に一度この船で競う帆走大会「スクッチェシレン」が行われることで知られています。



 
「スクッチェ」は18世紀から20世紀前半頃までの間に作られ、もともと各農家に泥炭や肥料などの物資を運ぶために使われていた船で、浅瀬を通るために長く平たい構造となっています。



「スクッチェ」はスピードが出て操作がしやすいという特徴があることから、競技に向いた船で19世紀初期から帆走大会「スクッチェシレン」が始まりました。その後モーターボートの登場によりスクッチェの人気は減少してしまいましたが、第二次世界大戦後にはスクッチェのファンの努力によって、現在の「スクッチェシレン」が復活しました。

「スクッチェシレン」は毎年8月に開催されます。2019年の開催予定は7月27日~8月9日までの二週間です。多彩なウォータースポーツが楽しめるスネークで行われるイベントの中でも人気のあるこの「スクッチェシレン」には歴史ある競技大会を一目見ようと多くの人々が集まります。

是非ウォータースポーツがお好きな方はこの夏オランダ・スネークで伝統的な「スクッチェシレン」で白熱したレースを見てみませんか?











オランダエクスプレス
オランダエクスプレス

  • オランダ
  • スネーク
  • スクッチェ
  • スクッチェシレン
  • ボート
  • 競技
  • ウォータースポーツ
  • フリースランド