デン・ハーグ市美術館で「モネ」展開催!


印象派を代表するフランス画家、「クロード・モネ」。印象派の名前の由来となった「印象 日の出」や「睡蓮」といった彼の代表作は日本でもとても有名です。


 
そんな
彼の展覧会が世界最大級のモンドリアンコレクションを所有していることで有名なデン・ハーグ市立美術館で10月12日から開催されます。来年2020年2月2日まで開催される予定です。

この展覧会ではモネがこよなく愛した庭園のあるジヴェルニーのアトリエ兼邸宅で多くの時間を過ごし、一連の「睡蓮」の絵を描いた1900年から1926年までの作品に焦点が置かれます。



モネは時間が経つにつれて、その庭園をより抽象的に描くようになりました。多くの美術史家たちはそれがモネの視力低下によるものだと考えてきましたが、実際にはモネはまだアートの新分野を模索していたのです。この「モネ」展ではそんな彼の努力を垣間見ることができるでしょう。

オランダでモネ展が開催されるのは数十年ぶりで、デン・ハーグ市立美術館で以前モネ展が開かれたのは約50年前の1952年でした。さらにこのモネの晩年期の作品に注目した展覧会はオランダでは初となります。

この時期にオランダ旅行をお考えの方、是非デン・ハーグ市立美術館にてオランダで数十年ぶりに開かれる「モネ展」を訪れましょう!新たなモネの魅力が感じられること間違いありません!



☆関連ツアー

オランダで美術館めぐり!6日間 ~アムステルダムとハーグに宿泊~

オランダで芸術鑑賞!6日間

その他にもフランスやベルギーを組み合わせた数か国の美術館巡りのツアーを用意していますので、ご興味のある方は当社ホームページをご覧ください。

 







オランダエクスプレス
オランダエクスプレス

  • オランダ
  • デンハーグ
  • モネ
  • 展示
  • 展覧会
  • 印象派
  • 睡蓮
  • 1900年代
  • 絵画
  • 庭園
  • ジヴェルニー
  • 抽象的
  • 美術館